FC2ブログ

『恋心2/子供の世界(BLEACH)』8更新!

『恋心2/子供の世界(BLEACH)』更新です!

若しかしたら、又、跡で修正するかも・・・。

【恋心2/子供の世界8】



本当なら、ずっと傍にいて欲しいと思う


死神などではなく


唯の一人の少女として


けれど、幼い頃から、此処に居る彼女には


同い年の友人が居ない


彼女が知っているのは、大人に囲まれた世界だけ


彼女の為になるのなら


繋いでいた手を、少しの間だけ放そう


ほんの少しのだけ・・・


お互いに、勇気を持ってみませんか?


其の瞳に


外の世界を、映し出して見ませんか?





「修ちゃん・・・?何で、そんな事を云うの・・・?」

彼女は信じられないと、でも云いたそうに

目の前にいる、彼を見る。

彼は優しく、彼女の頬に手を添えながら

そして、ゆっくりと話し出す・・・。

「やちる・・・やちるが、此処に居るのは、誰の為だった?」


やちるの始まりは?


己の始まり・・・其れは、更木剣八との、出逢いから始まった。

やちるが、己の存在に、気付いた時には

周りは、血に塗れた世界だった・・・。

幼い赤子など、直ぐに、命を落とす場所

そんな世界しか知らなかった、彼女を救い出したのは

十一番を率いる隊長・・・更木剣八

其の人だった・・・。

「あたしは・・・あたしの世界は、剣ちゃんがいたから・・・。
 あたしを、血に塗れた色から・・・連れ出してくれた。」

「うん・・・それから?」

「剣ちゃんを、護りたいと、最初は思ったの・・・。」

更木剣八と出逢ってから、彼の元に集って来た・・・

斑目一角や、綾瀬川弓親達・・・。


皆を、護りたいと


剣ちゃんの為なら、何でも出来ると・・・


其れは、今も変わらない・・・。


だけど・・・唯、何も出来ない、子供だったから・・・。


如何すれば良いのか、判らなかった。


どうやって、皆を護る力を使えば良いのか


判らなかった・・・。


更木剣八が、凡てだと、思っていた・・・・。


凡てと思っていた、彼女の心に、小さな異変が起きていた。


彼女の心は、何時の間にか、もう一人の存在に


囚われ始めていた・・・。


目の前にいる、彼を護りたいと思っている


誰よりの優しくて、平和を望みながら


其の心に負っている、傷を隠して


刀を振るう、彼を・・・


貴方を護りたいと思ってる・・・。


護るには、己の力について


判っていなければならないのに


何も出来ない侭でいるのは、嫌だと判っているのに


好きな人の傍を、離れるのは


やっぱり嫌だ・・・。


そんな事さえ、思ってしまっては、いけないのでしょうか?






ポロポロと零れ落ち始めた、彼女の涙を拭ってやりながら

檜佐木は優しく、彼女に告げる。

「やちる、俺は・・・ずっと、傍にいて欲しいと思ってる・・・。」


本当は、統学院になど、通わずに済むのなら


通わなくて良いと思っている・・・。


でも其れは、彼女の可能性を潰してしまう


己の身勝手な想いだから・・・


彼女には、もっと、広い世界を知って欲しい


彼女の世界を、広げて欲しい


だから・・・今は


君の世界を広げよう


其の背中を、少しだけ押そう


やちるの瞳を捕らえた侭


檜佐木は、一度、瞑目してから

彼女の見ると

「でも、此処以外の、世界が在る事も、知って欲しい・・・。」

色んな事を勉強して、基礎を身に着けて

其れから・・・

一護達のように、友達を沢山作り、学んで欲しい・・・。

「やちる・・・傍から、離れて、寂しい思いをするのは・・・。」


君だけじゃない・・・。


此処にいる人達、皆なんだよ・・・?
スポンサーサイト



テーマ : 自作小説(二次創作) - ジャンル : 小説・文学

Tag : 小説