ゆえの日常生活と創作小話。
『チョコ★ぱにっく(BLEACH)』5更新!
2007年03月13日 (火) | 編集 |
『チョコ★ぱにっく(BLEACH)』更新です!

とうとう・・・保護者が出て来ます!!

剣ちゃん、複雑な心境です・・・。
【チョコ★ぱにっく/5】



十一番隊道場の中は、恐ろしい位、不機嫌な霊圧に包まれていた。

其の凶悪な、霊圧を放っているのは

道場の奥に、どっかりと座って

隊員達の木刀裁きと、其の動きを見つめている

此処、十一番隊を率いる隊長(更木剣八)

その人自身だ・・・。

其の霊圧を、感じているせいか

隊員達は、普段の稽古より、其の動きが悪い。

皆、隊長の不機嫌の理由が、判っているからだ。


不機嫌な理由


何時も、彼の傍にいる、副隊長の(草鹿やちる)が


不在の為だ・・・。


何故か、何時も、同じ時間になると

彼女は、姿が見えなくなる。

最初の頃は、此処で、じっとしているのが嫌で

一人で遊んでいるのだろうと、思っていたのだけれど

其れが、如何も違うと、気付いたのは

十一番隊第三席である、斑目一角が

偶々、九番隊に、書類を届けに行った時

窓から入って来る、やちるに出くわしたのだ。


『おわっ!!やちる?!てめ~、何で此処に?!』


『あ、ツルリン・・・何で、此処にいるの?』


『つーか、そりゃ、こっちの台詞だ!!』


そう云ったかと思うと『窓から、いきなり入るな!』などと

説教を、し始めるが、やちるは


『良いじゃない~、修ちゃん気にしてないもん!!』


ねっ?と云って、檜佐木に、視線を向ければ

檜佐木は、少し困ったような、笑みだけを浮かべている。

斑目は、納得がいかないのか


『修兵は、甘いんだよ!
 ちゃんとしたトコから入れ~!!』


などと云う。そして


『大体なんで、やちるがいるんだ?』


斑目から預かった、書類から視線を外し

二人のやり取りを、黙って聞いていた、檜佐木は

斑目に向かって


『ご存じ無かったんですか?』


『あ?何が・・・』


斑目の癖なのか、片眉を吊り上げ

睨みつけるように、檜佐木を見れば

彼は、斑目の表情など

気にも留めず、さらりと告げる。


『草鹿副隊長が、この時間いらしている事?
 この時間、いつも此処にいらしては
 ・・・此処でお茶されて過ごしてますよ?』


当然、知らなかったのだから・・・

斑目は、思いっきり叫んでいた・・・。


『なんじゃ、そりゃあぁぁぁ~!!』


彼女が、決まった時間に、いなくなり

何処で、過ごしているのか、判ったから

此れで、一先ず、安心だろうと思っていたのだが

けれど、判れば判ったで・・・

今度は、傍にいない事が、原因で

この隊長は、不機嫌になっているのだ。

なんだかんだと、結局、やちるが可愛くて、仕方が無いのだ。

「弓親・・・副隊長、未だ、戻らないのかよ?」

木刀を片手に、斑目が、隊員の動きを注意しながら

隣にいる、綾瀬川弓親に問えば

「残念ながら、未だ、戻ってないよ・・・。
 でも・・・そろそろなんじゃないかな、帰るのは。」

くすりと、可笑しそうに、笑みを零しながら、弓親は

道場の入り口に、視線を向ける。

攣られて、斑目も、視線を向ければ

道場の出入り口が、ガラッと、開け放たれ

「只今~!!剣ちゃーん、ツルリーン、ナルナル~!!」

やちるの元気な声と、無邪気な笑顔が

皆に、向けられる・・・。

静かな空気に包まれ

凶悪な、霊圧に包まれていた、道場の空気を破る。

彼女が戻った途端、場の空気が、変わった事に

隊員達は、ホッとするのだった・・・。
スポンサーサイト