FC2ブログ

ねえ暇人なの

夜中………今朝ですか。

午前一時半過ぎ

たまたまですね。

お風呂からあがって

リビングの座布団の上で

ごろごろしてて

何時の間にか、居眠りして

寒さに目が覚めて

ちょっと

キッチン、お片付けして

洗濯掛けてたから

洗濯干して

PCの前で

メールとか確認作業しながら

回線の

ゾンビ映画

Zネーションズだったかな?

やってたから

PC作業しながら

それ見てると

家の電話が

いきなり鳴り始めて

なんだなんだと………てか、こんな時間に掛けてくるのは

大抵いい事じゃないなあ~~~って

以前、相方君の親戚から

夜の遅い時間に掛かってきた事があったので

若しかして、誰かが~~~って思いながら

電話に出ると

何も答えないし

仕方ないから

もう一回聞いたら







………途切れ途切れの息遣い






右手と、お友達してる………ヒトからですよ。

僕と握手!!





えーーー!!

めんどくさい。

てか、こんな時間に掛けるの、迷惑とは思わないの?





なんか電話口で云ってるけど

興味ないし

さっさと切ってもらうつもりで

「私今、ゾンビ映画見てるんだけど?」

「いいよ、いいよ、ゾンビ見ながら~~~」

えーーー

あなたを相手するより、ゾンビ見てる方がマシなんだけど?

スピードアップしてるような息遣いなんだが

もうさあ、面倒過ぎるので

「貴方の声を、相方君に聞かせてもいいかしら?」

っていって、切っちゃいました。

てか、さっさと切ればよかった。




否、いっそのこと

狩猟した時の獲物の捌き方とか、聞かせて

逝って貰うべきだったか?

血液

ドバドバな物語とか聞かせるべきだったろうか?



声は

若いお兄ちゃんだったんだけどね~~~。





スポンサーサイト



テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿