ゆえの日常生活と創作小話。
未だに迷う
2017年06月25日 (日) | 編集 |
ガラケー好きなんだよね。

で、Lineも使えるタイプに切り替えようかなって

考えてるんだが

なんかねーーー

ちびちゃんが、迷惑メールが多くて

やっぱり専ら、Lineの使用が多いから

メールは見ないっていうのよね。

たまに連絡入れても反応なくて困ることも多い。

そうなると……ね。

でも継続か機種変えるか

期日が迫ってるんで、うん。

最近、ショップ関係のページも開けないことあるから

でもそのへんはPCで見ればいいので

そこは解決なんだが



……はあ、ガラケーのLine説明聞いてみようかな。







昨日の続きは、また後日だね。

ちょっと

お茶の間コメディ考えるの楽しい。


設定なんかもある。

下町風情が残ってる所に住んでいて

鷲崎家は長い歴史のある(煎餅)専門店だけど、夏の期間だけかき氷や、水まんじゅう、わらびもちとかを扱う。

斜め前には昔ながらの洋食屋さんがあり、それを営んでる夫婦の娘は、飛翔たちの幼馴染。

まあ、そこのところを生かしながら

小説が出来ればいいかなって思う。

スポンサーサイト
テーマ:物書きのひとりごと
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可