ゆえの日常生活と創作小話。
レベル…何、設定だったの
2016年03月28日 (月) | 編集 |
地元のアウトレットモールで開催されている

『名探偵コナン』展

ちびちゃんの希望で行って来た訳ですが

ゆえは殆ど興味なかったので

単にセル画とか台本とか……映画のポスターとか、そういう展示だと考えていたのだが

違った……物凄い違った!!





探偵会場だった(笑)





毛利小五郎

工藤新一

怪盗キッド

少年探偵団


入場する場所で選ぶ冊子によって

出題問題が違うのですが

うん……何も考えず、さして原作も、アニメも略見ていない読んでない

ゆえには、無理でした(笑)

例え、ゆえが其の時選んだのが

少年探偵団でも

選んだ理由が

(瀬戸内)の毛利様の緑だったから……。

少年探偵団でも

何か問題解けませんでした。(最初の一問は解けたけど、最後の答えには当て嵌めても、答えにならんかった。)

ちびちゃんは、毛利小五郎冊子を選んだけど、やっぱり解けずじまい。

ギブ・アップで、素直に会場を出ました。

うん。コナンは、見るだけでいいです(笑)



スポンサーサイト
テーマ:物書きのひとりごと
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可