ゆえの日常生活と創作小話。
朝っぱらから
2016年02月16日 (火) | 編集 |

食器棚の扉が外れるという、珍事に見舞われた。

うん……止めて

朝は、ちびちゃんの弁当の仕上げ時間とか、後、相方君のご飯とかあって

其れやってる最中に、壊れるのは無しにして!!

うん、もうね。

見事な位、片側外れちゃって

此れあと一歩で、落ちちゃうよね?って感じだった。

もう朝の仕事、そっちのけで、直したよ!!

直しながらキレたよ!!

うん……。

全部、間に合ったけどさ……。


其のいらっちが、まだ残ってたのか

久々に包丁滑らして、ちょびっと、はいじゃった(←皮をそいじゃった。)(笑)

血は出ない程度だけど、風呂に入るときつい……。

寄り道しながら話を書いてます。

うん。

書き×2してくる。
スポンサーサイト
テーマ:物書きのひとりごと
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック