ゆえの日常生活と創作小話。
笑いたい時は
2015年12月17日 (木) | 編集 |

(小学生ゾンビ・ロメ夫)

本屋で、軽く読んで

本屋で笑いを堪えるのが大変だった……。

で、単行本購入しました。

ロメ夫、ゾンビなのに、小学生なのに!!

可愛いよ!!

うん、一つ一つの内容は

シュールで、もう在り得ないんだけど

笑います、笑えます。

クラスメイトも最初はこわごわだったのに、彼の人柄を知って、打ち解けて行く感じとか

彼の躰が剥がれたり、千切れたりすると

普通にその部分を取ってきて、くっ付けようとするところとか

うん……もう、いい感じだよ。ちびちゃんも最初は読む気なかったけど、読んで

ゆえの云いたい事が判ったらしい。

笑う事が少ない時に、お勧めかも知れない(笑)


うーん

海堂兄弟ネタ

若しかしたら、狼家族と略一緒位のネタ書きになるかもしれない。

アレも、かなりネタ書き溜めていて

全PCから移動させたんだけど

うん対策考えよう。

又ぶっ壊れた時、困るしね。分割画面……あれになると、もう色々作業が出来ない。

今のうちに対処しておこう。

スポンサーサイト
テーマ:物書きのひとりごと
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可