ゆえの日常生活と創作小話。
……食欲の秋突入するの
2014年09月16日 (火) | 編集 |

三連休が終わりましたね。

一日目の休日→ドイツの、ビール祭り(結局、白ワイン系のビールと、グレープフルーツ・ビールと、白ワイン二杯…その他)

二日目の休日→ちびちゃんは、友達と映画へ……ゆえは、家でノロノロと家事を

三日目の休日→ちびちゃんの、お菓子作りの指導

此の最後の休日……ドタバタでした。

前半と後半に分けて

お菓子(クッキー……イギリスの、ぱりぱりタイプ)を作らせてみたんですけど

前半は、ゆえが手伝って

後半は、ちびちゃん一人で、作らせてみたんですけど

出来上がって

いざ、袋詰め作業に為ってから

人数分足らない事に気付きまして……材料確認して、急いで足らないモノを購入させてきて

ちびちゃんに作らせてたんですけど

もう、それが夕食作りの時間に為ってからですから

そりゃも~~~まともな夕食じゃなくなるわ(笑)






なんとかクッキー寝る前に間に合って

袋詰め作業が終わったんですけど、それを今日学校に持って行ったんですよ。

ちびちゃんのクッキーは、大半がクラスの女子と、他クラスの中の良い女子

あと部活動が一緒な子

そう……つまり女子の分しか作っていなかった!!

なので男子には無くて……うん、当然乍「作って来て~~~」コールされて

おまけに何処から聞き付けたのか

他クラスの仲の良い男子からも、お願いコール

おーい、一体何処から情報流れてるんだ?

と云いますか、一枚のクッキーを、一体何人で、男子は分けあって食べたんだ(笑)




一番手っ取り早く出来るのは

フード・プロセッサーを使ったタイプ

もう寝ちゃったけど

ゆえは、此の後……ちびちゃんに代わり作業します。

睡眠……どうしようかなあ。


そうそう……ちびちゃん、何故か一つだけ余ったクッキーの袋

好きな男子に渡すモノだとばっかり思っていた女子の友達は

そう考えていなかったちびちゃんに、檄を飛ばし

クッキーの袋を、ちびちゃんに代わって

渡しに行ったそうです。

ちゃんと、ちびちゃんからと伝えて(笑)

勿論、ちびちゃんに、礼を云ったそうですよ~~~。




何でもない日に

お菓子作って、此れだったら

ハロウィンとか

クリスマスとか

バレンタインとか

そんな時の場合……一体如何なるんだろう(笑)









ジャンプで、修兵の活躍と云うか

出番が増えてから

なんだか別館のアクセスの伸びが……増えてる。

うん……深海を住処にしてるのに

皆何処から探してくるんだろう???


スポンサーサイト
テーマ:物書きのひとりごと
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可