FC2ブログ

徹夜した後はね


ちびちゃんの絵本作り………予想外な事が起こってしまった。

色塗りをですね

コピックでするつもりだったので、何とかなるだろうと思っていたら

何とかならなかったよ!!

だってね………色塗った途端、裏に染みちゃって

表裏に、絵が書いてあるから

裏の絵がね………物凄い事になると(表もなんだが)

なので、色鉛筆に変更です。

幸い辞典シリーズを持っていたので、それをフル活用

色鉛筆の辞典シリーズって、今もあるのかな?

ゆえが持ってるのは、出始めた頃の奴なんですが

購入した頃は、全部で3シリーズ程度だったのだが………もしあれば、色が溢れてるから

かなりシリーズとしては在りそう。

最近其の手の場所に行かないから、判んないな。

スケッチブックは、かなり持ってるけど(笑)

スケッチブックは、ネタ帳の書き留めとかに使ってたし、落書きも良い感じです。

後子ども会の話し合いの時とかにね、かなり使用していた(笑)

最近は落書きも軽くしてるから、もうそろそろバッグを大きめにして

本以外で、スケブも入れて、お出掛けしようかな。

どうせ明日は、相方君が休みだ。

ちょびっと、気分転換しに行くか(笑)

縮景園にも、随分と御無沙汰だ………。

コピックも使いたい………。

ガンダム描いてたら、色塗り塗りしたくなる(笑)

色鉛筆で質感出すの、久々過ぎて感覚が判らんかった。

脱線し捲りですが

絵本の色塗りは、学校行く時間に出来上がり、言葉も入れて

表紙を付けて、ビスで留め!!

なのですが、時間がない上に………徹夜明けなわけで、頭が働かない。

仕上げに手間取り、なんとかビスして、ちびちゃんに持たせました。




が!!………問題発生!!



そう頭が働かない状態で、ビスした結果

ビス留め、外側じゃなくて

内側に留める事に気づいて、しかも表紙の端の部分を中折りしなきゃいけなかった事に気付いた。

ゆえは、中折りせずに、ビスで留めてしまっていたのだ!!

説明書読んで、中折りに気付いていた筈なんだけど

駄目だね。

時間がない上に焦って、ポカしちゃったよ!!

うん………。



この後、洗濯とかして………限界だったので、睡眠とりましたけど(笑)



テストで早めに帰宅した、ちびちゃんには謝りました。

学校で、直したそうです(笑)

って事は、アレを見られた訳か???

うーん、Gシリーズの部分しか出してないけど、気づかないだろう(笑)

何より、烏賊キングの方が強烈だしな(笑)

弁当箱に、可愛くイラストされていた烏賊を、ヒントにして

ちょっと3等身ギャグコメディに出て来そうなキャラにアレンジしたんだけど

何か怒り方が(デンジャラス)じいさんみたいになった(笑)

描いた自分が云うのも如何なんだって感じですが(烏賊キング)は………ゆえも気に入ってる。

ちびちゃんにも、好評です。




絵本が終わったので

別館で、ガシガシ小説を打ち込んでやる!!

昨日打てなかった分だけの、欲求が溜まっている!!

ネタは随分出てくるんだが

どうもゆえと、ちびちゃんは………ウルフ隊長を、アセムの(父)にしたいらしい(笑)

であごすてぃーにの、ガンダム

フリットの時は余っていたが、アセムの号は………1冊しか残っていなかった。

大体余ってるんだけど、特集に因っては売り切れてるし………。

其のアセムの号を読んでいた、ちびちゃんが言った言葉が

「此れ、間違ってるよ。」

「へ?なんで?」

「アセムのお父さんは、これじゃなくて………ウルフ隊長!!」

フリット………ちびちゃん、どんだけーーーーー!!

そうだよね~~~本編見てた時から「ウルフ隊長が、アセムのお父さんになればいい!!」って云ってたよね。

うーん公式なんだけどなあ………フリットが、パパには変わりないんだが

ちびちゃんの中では、ウルフ隊長は、アセムの(パパ)と位置づけられてるんだね。

ロマリーも(MOEは別らしいが)嫌いって云ってるし

何か其の内「イベント連れて行け」とか言い出したら、どうしよう!!













ちょっと追記しに来た。

実は此れを打ちこんだ後、ちびちゃんと一緒に買い物したのち

部屋に戻ればですよ。

いきなり非常ベルが鳴り始めた!!

けど話を聞く限り

全く以って異常なし

そう、以前夜中のベル騒動と一緒です。

又悪戯です。

うん…誰が悪戯してるのかも判ってはいるんだが

なんかねえ………そんな悪戯して楽しいのかしら???

でもこの間、非常ベル警報の切り方教わったんだけど、忘れてるんだよね。

今日も改めて、もう一回聞いたけど

うん、今度は忘れない!!

つうか………悪戯しないでって云いたい。
スポンサーサイト



テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿