ゆえの日常生活と創作小話。
彼是在り過ぎて
2013年05月23日 (木) | 編集 |


危うく忘れる処だった。

今日は、ちびちゃんが通っている、塾の個人面談じゃねーか!!

ヤバい………本気で、ヤバかった(-_-;)


うっかりさんに為る処だった。駄目じゃん!!



うん…明日は、本屋に行って

教科書の虎の子を、買いに行ってくる。

後、久し振りに

中古同人誌観て来ようかなあ………地元に在ればいいけど

ゼハアセ読みたい(笑)

でも書き手の人少ないのよね(笑)

アンソロジー在ればいいなあ………虎さんのとこに

一応扱い在るけど、こっちで売ってない様な気がする。

MOEのPV

アレを、ちびちゃんに見せたら

物凄い滾っているんですけど(笑)!!

話の方向を、そっちに持って行く訳ね(-_-;)

うん、そりゃ…あの場面は

誰でも、そう思ったさ(笑)

其のネタだけで

どんだけ話が出来るんだって位…ゆえ自身書いちゃってるさ(笑)

ううう~~~どーしよう。

明日は、どうせ同じトコに在る訳だし

MOE…予約してこようかな?

スポンサーサイト
テーマ:物書きのひとりごと
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可