ゆえの日常生活と創作小話。
突発だったなあ…このネタ
2010年01月10日 (日) | 編集 |


「護廷十三隊・猫物語(笑)」



何でしょうね、書き散らしていた時の馴れの果て?とでも云えば良いのだろうか(笑)


在りがちだとは思うネタ


そして久々に設定としては…修兵+やちる(お子ちゃまヴァージョン)


猫が多分主役…多分ね、多分…多分?







「お願い修ちゃん、この子達を乗せて!貰い手を探すの!!」

このまんまじゃ、皆、食べられちゃうよ!!







否、確かにな……偶に飼い主捜してますとか、貰い手探してます!!の、広告は載せるけど


けどな、何て云うか


其れはページが足りないとかの、穴埋めだったり


早めに申し出が在る場合とかだったり


もう既に切羽詰まってる、ギリギリ入稿直前の瀞霊廷通信


急なページ変更なんて出来る筈もなければ、それに費やすページもない!!



だから彼女を傷付けない様に、言葉を選んで、オブラートに包み込むようにして


「その・・・だからな、やちる」


困ったような色合いを瞳に浮かべつつも、彼女と同じ目線に屈み込み

彼女の小さな手の中で、大人しくいる、可愛らしい猫達に視線を向ける。

猫達は甘える様に

にゃあにゃあと、愛らしく、泣いているのに対して

己の前にいる

彼女の表情は、既に半泣き状態だ。

「だって、このまんまじゃ猫鍋にされちゃうもん。」

「うん、まあ…そのなんて云うか、されかねないよな、そうでないような………。」

「絶対、されるんだも……剣ちゃん、そう云ったもん……。」

ぽろぽろと泣いて訴える、やちるに

修兵は、よしよしと頭を撫でて慰めながら、十一番隊の荒くれ集団を恨めしく思っていた。

大体普通は育てる云々とか、引き取り手を捜すとか

色々手段を講じれる筈だろうに

何故因りにも因って、食料に見立ててしまうのだろうか。

幾ら酒の席だったとは云え

更木隊長も、斑目も綾瀬川の両名も、悪巫山戯の度が過ぎると云うものだ。

「猫鍋にするなら、毛皮は綺麗に剥いで欲しいね。僕、猫の毛皮って一度作ってみたかったんだよね。」

己の眼の前で

そんな言葉を聞かされてしまえば

十一番隊の面々に食料にされるかも知れないと、危険を感じるのも当然と言えば、当然だ。

やちるが泣きながら駆け込んで来たのは、自分の執務室………つまり、九番隊隊舎だった。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可