FC2ブログ

猫の日過ぎたが、彼の日だから(笑)『恋心/番外編(BLEACH)』更新!

一日遅れですが

昨日は、猫の日という事で

猫にたとえられる

彼の話です・・・。

流石に、彼女には逆らえません・・・。




職場のMちゃんも、猫みたいな子なので

彼女の日という事で(皆に言われたらしい・・・(-_-;))

昨日は、語尾に『にゃん』を付けてしゃべってました。

『休憩行って来るにゃん』

『お帰りにゃん』

・・・こんなバカな言葉を話しながら、仕事してました・・・
【恋心・・・(番外編)/修ちゃんの日?!】



「可愛い~修ちゃん!!」

無邪気に、そう叫んでいるのは

可愛い年下の彼女(草鹿やちる)

彼女は、傍らに立つ

人物に、同意を求める様に

「ね、やっぱり、此れって・・・修ちゃんに、一番似合うでしょ?」

「・・・ええ、とって!!似合ってますよ・・・。」


檜佐木隊長


にっこりと、悪魔の様な、綺麗な笑みを貼り付けて

そう言い切るのは

九番隊・第三席(都筑雅)

「・・・俺は、嬉しくない」

眉間に皺を寄せ、話題にされている事を

面白くないとでも、言いたげに

ぼそっと、呟けば

目の前の、可愛らしい少女は

頸を傾げ、口元に指を当て

彼に問い掛ける。

「でも、今日は(修ちゃんの日)だよね?」

「・・・俺の日って、何か違うと思うんだが」

「いえいえ…今日は、隊長の日ですよ」

彼女の言葉に、同意するように

三席が、事も無げに言い放つ・・・。

「・・・技局に行って来る。」

二人の言葉に

反論する気も起らなくて

こうなってしまった、元凶の元を訪ね

兎に角、自分の身に起こってしまった

此れを、如何にかして貰う事を

頼みに行こうとすれば

ポンっと、何かを思い出したように

都筑が、言葉を紡ぎ始めた。

「あ~・・・阿近さんから言伝です。」


俺は、今日から、手が離せい


実験に取り掛かる。


余分な仕事は、持って来るんじゃない!!


若し持って来たら


実験材料にして


最後は、モルモットの餌にしてやる・・・だそうです。



懇意にしている、阿近からの言伝を聞き

檜佐木の表情は、固まってしまう。

都筑は、止めとばかりに

ピッと、指差し

「それは、明日の朝には、無くなってるそうですから」


今日一日は、大人しくしていて下さいね?


「では、草鹿副隊長・・・うちの(猫隊長)お願いしますね?」

「はあーい!」

二人の会話に

と云うよりも

己の事を(猫隊長)などと、軽口を叩いた

都筑に、軽く眩暈を覚え

都筑が出て行った後

嬉しそうな笑みを浮かべている

彼女の言葉に

更に、額を抱える事となる・・・。


「修ちゃん、猫じゃらしいる?」


其れとも


鈴の付いた、首輪の方が良い?





檜佐木の頭に、付いてる物


其れは『猫耳』


そして、御丁寧に


猫の尻尾の、オプション付き





猫に因んで

其の日は、九番隊の隊舎に在る

庭の縁側で

彼女に、膝枕をして貰い

眠っている、彼の姿が見られた・・・。

彼の頸には、何時ものチョーカーと、もう一つ

彼女が用意してくれた

小さな鈴の付いた

紅いリボンが

密かに巻かれていた事は、内緒・・・。





本日は『猫の日』=『檜佐木の日』
スポンサーサイト



テーマ : 自作小説(二次創作) - ジャンル : 小説・文学

Tag : 小説 二次創作 BLEACH