ゆえの日常生活と創作小話。
やっと登場、更木組『狼親子物語(BLEACH)』?!更新!
2007年10月31日 (水) | 編集 |
主要メンバー編、終わり見え来ました。

此処が終われば、次は、吉良達との、絡みに入れるかな?

【狼親子物語/僕らの不思議な時間旅行・15】



彼等を知ったのは



小さなお姫様の、機嫌が悪かった事・・・



「何、ぶーたてれてんだ、やちるの奴は。」

一角が、キッチンに立っている

弓親に、声を掛け、夕食にと用意されている

プチトマトを摘みながら云いました。


今日は、要先生の所だった日だろ?


「何時もなら、今日は、修お兄ちゃんがって」


騒いでるじゃねえか。


なのに、あいつ・・・何で、あんなに不機嫌なんだ?


「其れがね・・・良く判らないんだ・・・。」

弓親は、苦笑いを浮かべながら、一角に答えました。

帰って来た時から、機嫌が悪かったので

何か在ったのは、確かなようですが

弓親は、肩を竦めながら

「何を聞いても、今日は最低ばっかり繰り返していてさ・・・。」


流石に、僕も、お手上げ状態なんだよね。


二人が、そう話しているのを聞き

恋次は、リビングのソファで

お気に入りの、クッションを抱いて

ぷうっと、頬を膨らませている、やちるの傍に行きました。

隣に座り、彼女の顔を覗き込みながら、問い掛けました。

「やちる、何か在ったのか?」


先輩と、喧嘩でもしたのだろうか?


(喧嘩にならねえよな・・・我儘で済むモンな。)


其れとも、怒らせるような事でもしたのだろうか?


(妹みたいに可愛がってるから、怒れないだろうな・・・。)


絶対、困りながらも、笑って済ませるもんな、先輩



二人が喧嘩をするなんて

在り得ないだろうけどと思いつつ、恋次が問えば

やちるは不機嫌な表情で、恋次に話し始めた。

「あたし、修お兄ちゃんと喧嘩もしてないし
 ・・・怒らせても無いもん!」

「じゃあ、如何したんだよ・・・。」


帰って来た途端、不機嫌な表情だから


皆、吃驚してるぞ?


其の言葉に、ビクッとなりながら

「うー判ってるの、ゆみちゃん達に、当たってるのは!!」


でもね・・・如何したら良いか、判んないんだもん!


恋次は優しく、やちるの頭を撫でながら

「何が在ったか、話して見ろよ、な?」

恋次に促され

やちるは、ぽつぽつと、話し始めました・・・。



「・・・今日ね、修お兄ちゃんの、家に行ったらね」


家の中に、知らない子がいたの・・・。


其れでね、其の内の男の子がね


べったりと、くっ付いてね


修お兄ちゃんの傍から、離れないの!


「あた・・・あたし、今日は、修お兄ちゃんと一緒に
 ピアノのレッスン出来る日だったのに・・・・・・。」



其処まで云って、やちるは、ボロボロと泣き出します。



要先生との、時間が終わったら


何時も、アトリエの上に置いてある


ピアノで


練習を見てくれるのに


今日は


其の子達がいるから


練習出来なかったの!!


修お兄ちゃん、其の子達と


ずっと、一緒にいるんだもん・・・。


何時も、頭撫でてくれるのに


今日は、全然してくれなくて・・・


其れに、あたしの(うさちゃん)


可愛くないって、その子が云うんだもん・・・!!


ゆみちゃんが、毎日、リボンを


変えてくれるのに・・・


ルカ君って子が


そう言って、意地悪するんだもん!!
スポンサーサイト