ゆえの日常生活と創作小話。
久々更新『恋心/番外編(BLEACH)』更新!
2007年10月21日 (日) | 編集 |
『恋心/番外編(BLEACH)』更新です!

いやいや、軽く、喧嘩ネタです(笑)

そして、このシリーズは(修やち)です。

このシリーズの、やちるちゃんは姿は

子どもの姿ではありません(笑)

詳しくは(恋心3)の設定を見て頂ければと思います。
【恋心・・・番外編/大切な君だから・1】



霊術院が、休みに入り


大好きな彼に、早く逢いたくて


九番隊の隊首室に入った時


信じられない光景が、目に飛び込んで来た・・・。


大好きな彼が


美人で、しなやかな肢体を持つ


男の人なら振り向かずにはいられない


十番隊の副隊長・松本乱菊を


ソファの上で、押し倒していた・・・?





「しゅーちゃんの・・・ばかぁ~!!」

ダンっと、分厚い本を投げつけられ

其れが見事に、顔面に、クリーンヒット!

打つけられた本人は、凄まじい痛みに耐えられず

其の場に蹲ってしまう。

「莫迦・莫迦・莫迦!!」

いーだ!!

可愛い顔を歪めて、立ち去って行く。

出て行く時、その瞳には

涙を一杯溜めていた。

彼女を見送りながら

「あーららら・・・流石に、此れは不味かったかしら?」

「不味いも何も…乱菊さん」

楽しそうに笑っている彼女に

溜め息をつきながら

「ワザと、やりましたね?」

少なからず怒っているという、意思表示で

彼女を見れば

彼女は、涼しい顔をしながら

「さあ・・・如何かしら?」

クスクスと、楽しそうに笑う彼女に

投げつけられた本を手に取り、軽く汚れを払いながら

「あまり、からかわないで下さい・・・。」

そう告げれば、彼女は

「だったら、修兵も良い加減、あの子の事・・・」


子供扱いするのを、止めたら


如何なの?
スポンサーサイト